Character

= シナリオ2 登場キャラクター紹介 =




ジェイク・アーミテイジ(Jake Armitage)


▼本編の主人公。
▼ストーリーの進行とともに、不幸度もますますアップ。
▼コロシアムで戦う羽目になったり脳内爆弾が起動したりと、相変わらず見る者を飽きさせないエンターテイナーっぷり。
▼どこへ行ってもヤブ医者に悩まされる運命を背負っているらしい。


□台詞集

>>>[どこに連れて行くんだ? それになぜ目隠しをする?]<<<
ちょっと不安げなジェイク。
全く必要性の感じられない目隠しまでさせられては「心配すんな」と言われても無理な話。おそらく、カーヤードに着いた瞬間多くのプレイヤーが「騙された!」と思ったことだろう。
もうちょっと場所を選んでくれグラットマン。

>>>[「しまった!」とはどういうことだ!?]<<<
>>>[このカチッカチッてなってる音はなんだ?]<<<

運の悪さもここに極まれり。この最悪の対人関係運を改善するにはどうすれば……犬に握られている内は無理か。
とりあえずこのヤブは殺っとけ。





ギャングメンバー(Gang member)


▼カーヤードの第一村人。
▼思わせぶりな台詞で新入りを惑わすのが趣味。
▼このゲームでギャングといえばラストスティレット。大方、そこの足抜けメンバーといったところか。


□台詞集

>>>[あなたがカーヤードの新入りね…ここはうわさの広まるのが早いのよ。]<<<
えっ、さっき来たばかりなのにもう広まっているの? と素直に驚いてしまいそうになるが、良く考えればこれだけ狭い閉鎖空間では隠し事など物理的に不可能なのであった。

>>>[望んでここに来た人なんていないわ…いつのまにかこうなっちゃったのよ。]<<<
さり気ない一言で辛い過去を匂わせる高等テク。この手で今まで何人の男を撃墜してきたことやら。





ストリート・キッド(Street kid)


▼ドロップアウトした元デッカー。
▼信じられないくらい顔色が悪い。
▼何かヤバイ薬でもキメているのか。それとも、変な病気でも持っているのか。
▼まさかドラ○もん現象?


□台詞集

>>>[マトリックスの支配をかけていまじゃ戦場さ! まさにサイバースペースは危険なとこになった…それでも俺の故郷はそこにあるんだ!]<<<
求め、戦い、敗れ、そして奪われ……それでも再び求めてしまう悲しい性。
しょせんリアルスペースにデッカーの生きる道などないのだ。

>>>[みかけで判断しないでくれ。ひと仕事1,000新円はいただいてたんだ。]<<<
1,000新円といえばジェットボーイ並み。ヘボとは言わんが、天狗になるのは10年早い。





ダメ人間(Street scum)


▼やる気の無い男。
▼キングの保護下で引きこもる生活に疑問を持たず、ぬるま湯のような生活を送っている。
▼だが、そんな生活でも、自分を守る力を持たないストリートの人間にとってはかなりマシな部類だと言えるだろう。
▼ちなみに彼の顔色もかなりヤバげ。栄養状態が悪いせいだろうか。


□台詞集

>>>[グラットマンのおかげでここには入れたそうだな…]<<<
>>>[キングはそう簡単に入れてくれないんだ! 厄介事をこの中まで持ち込みたくないのさ!]<<<
>>>[ここは俺たちが身を隠してるところさ。キングはおまえも守ってくれてる…金を払ってあるからさ!]<<<

……疑ったりしてごめんねグラットマン。





ストリートの住人(Street dweller)


▼何やら理由あり風の男。
▼小粋なミラーシェイドがジェイクとは大違い。同じサングラスでどうしてここまで差が付くのだろうか。
▼……そもそも顔の出来からして違う、という夢の無いツッコミは(以下略)


□台詞集

>>>[なにさぐってんだ? みんな訳あってここにいるんだぜ!]<<<
別にお前さんの過去に興味なんて無いんですが。よほど探られるとまずい事でもあるのだろうか。

>>>[もういいから、自分のことだけ心配してろ…]<<<
言われなくても今のジェイクに自分のこと以外を考える余裕なんて無いので心配御無用。





伊達男(Heavy Dude)


▼事情通の男。
▼挑発的な口調とは裏腹に、結構的確なアドバイスをしてくれる親切さん。
▼偉そうな態度だけど、ホントはちょっとシャイな(以下略)


□台詞集

>>>[おまえを見てもなぜやつが血眼になるのかわかんねえな。危険なつらじゃねえのによ!]<<<
どこへ行っても不信人物扱いを受けるジェイクにとっては、むしろ最高の褒め言葉だね!

>>>[金がほしいんなら、アリーナで闘ってこいよ。おれには無理だがいい金になるぜ!]<<<
謙譲の美徳というものを弁えている、近頃では珍しい好青年。
さっさと更生しろよ。





少年(Little boy)


▼カーヤード通の少年。
▼こまっしゃくれた口調が一部で密かな人気。
▼やる気無さげにくだ巻いている他の面々より、よっぽどしたたかに生きている。将来が楽しみというか、末恐ろしいというか。
▼貴重なスラップパッチ補給源として、ゲーム終盤までお世話になります。


□台詞集

>>>[なんか困ってるんだね、知ってるよ! ぼくって子供だけど、いろいろ聞いてるから知ってるんだっ!]<<<
少年はちょっぴり背伸びしたいお年頃。でも実際カーヤードに一番詳しいのは彼だったりする。
もっと頑張れよ大人たち。

>>>[ねえキングはいくらで出してくれるって言った! ぼくは1,000新円だって! もう少しここにいないとなんないんだ!]<<<
ジェイクがふっかけられていたというより、ここは少年の交渉能力がずば抜けているという説を強く押したい。
しかしこの若さでキングに匿ってもらうような羽目になるとは、一体何をやらかしたのやら。





キング(The King)


▼カーヤードの主。
▼料金前払い・完全囲い込み型の共同生活という画期的な用心棒業を営むアイディアマン。見た目に似合わず、意外と頭が切れる男らしい。
▼だが、出る時の条件が「金を払うか、さもなければキングと戦って倒せ」というのはいかがなものか。
▼しかも管理が適当で行き当たりばったりなのはいかがなものか。
▼……やっぱりただのバカですか?
▼アイディアを出したのはきっと闘技場オーナー。


□台詞集

>>>[外のクズらに気づかれなきゃカーヤードは安全さ。]<<<
それはつまり「気付かれたら僕一人じゃ守りきれないよママン」ってことですか? ていうか、カーヤード内でも撃ってくる敵がいるし。全然安全じゃないし。
金返せこの野郎。

>>>[金ならそこらにあるだろ、闘うんだよ! ハッハッ!]<<<
やっぱりただのバカでした。





闘技場オーナー(Arena owner)


▼闘技場の主。
▼自称交渉の達人、らしい。
▼特技は強引な交渉術で人をファイターに仕立て上げること。
▼むやみやたらに話が長いうえに執拗にこちらを闘わせようとするため、話すのが面倒臭い。そのため、交渉技能を習えることを知らないプレイヤー多数。


□台詞集

>>>[短刀でも構いません、こん棒でも結構です。ただし、観客のために闘っていただくのですが? 簡単にお金になりますよ。いかがでしょう?]<<<
>>>[闘わないのですか? あなたはそういう人ではなかったのですね!?]<<<

いや、そういう人って言われても。
そもそも、短刀やこん棒じゃ勝負にならないだろうに……強引グ・マイウェイ。

>>>[なんと、わたしのような才能を身につけたいと! 誰でもわたしのようにやっていただければ…あなたを闘わせることだってできます、どうです!? いやはや! それでは1,000新円でお教えしましょう! どうですか?]<<<
>>>[わかりました! では交渉の方法を…。常に冷静に、注意を引くことは避け、相手に悪い話もしないこと…]<<<

いや、どうです!? って言われても。
大げさな売り文句のわりには大したことの無い内容だが、ひょっとしてこんな話を聞くために1,000新円払わされた時点で既に相手の術中にはまっているって寸法ですかー!?
なんて高い授業料だ……交渉の達人恐るべし。

>>>[大きく出ましたね! 長生きはできませんよ、でも観客が喜びます! ではキングと対決です、よろしいですね?]<<<
>>>[信じられない。キングが殺されるなんて! とにかく3,000新円をっ!]<<<

どんな時でも自分の仕事を忘れない真の男の姿が、見る者の胸を打つ。
素晴らしい、君こそ本物のプロだ。

>>>[これでカーヤードは隠れ家じゃなくなってしまいました。たった一人の用心棒がいなくなったんです!]<<<
>>>[出て行った方がいいですよ! 話をしてるよりも、今はここを出た方がいいです!]<<<

力によって保たれていた安定は、力によって打ち破られるが道理。
キングへの挑戦には、かように後味の悪い結果が待っている。素人にはおすすめできない。
といっても、彼以外はキングが死んでもまったく普段通りの調子なのだが……これが容量不足の哀しさストリートのドライな反応というものか。





ストリート・キッド2(Street Kid)


▼チンピラA。
▼妙に馴れ馴れしい態度が何かムカツク。


□台詞集

>>>[よう兄さん、スラムで散歩すんのか、おれ達とどうだ?]<<<
そんなやる気のないポーズで言われてもなあ。ひょっとして煽られてる?

>>>[ここらをうろつくにはみょうな格好だな、なにをしてるんだ?]<<<
>>>[教えられることはないな!]<<<

格好についてお前にとやかく言われる筋合いはないな!(ちょっとトラウマ)
自分は質問するくせに、こっちの質問には答えないのか。まったく近頃の若い奴は……。





ダメ人間2(Street scum)


▼チンピラB。
▼妙に刺々しい態度が何かムカツク。


□台詞集

>>>[なに見てんだよ!?]<<<
別になにも見てないよ。自意識過剰だよ。おまえこそこっち見てんじゃねえよ。

>>>[さっさと、行っちまえ!]<<<
言われなくてもそうするよ……ああ殴りてえなぁ、こいつ。





クラブ・マネージャー(Club Manager)


▼スプートニック・クラブのマネージャー。
▼「客に酒を出すことだけが自分の仕事」という徹底したポリシーを持つ、頑固親父みたいな男。
▼俺様の店で酒を飲まないような奴はお呼びじゃないですか、そうですか。


□台詞集

>>>[おい、なに飲むんだ?]<<<
味も素っ気もない、実にシンプルな問い。もう少し会話を楽しもうぜ、マック。

>>>[ふざけたやつだ、飲む気がないなら、さっさと出て行ってくれ。]<<<
言われなくてもそうするよ……ああ(以下略)





ゴキゲンな客(Happy Customer)


▼ハイテンションな酔っぱらい。
▼微妙に左右非対称な目が怖い。
▼真昼間から酒を浴びて超ゴキゲン。良い子のみんなはこんな大人になっちゃダメだよ。


□台詞集

>>>[どうした若いの? 顔色わるいぞ酔ってんのかい!]<<<
心配してくれるのはありがたいが、他人の顔色よりもまず、デッサン狂ってる自分の顔の方を心配した方が良いかと。

>>>[雇うとなると金がな…だが、力や技がひつようなら、彼らはかなえてくれる。]<<<
一見何の変哲もない酔っぱらいオヤジに見えるが、実はランナーを雇うような事にも手を染めているらしい。
人って見かけによらないよね(遠回しな自己弁護)





オーク(Orc)


▼人間嫌いのオーク。
▼挑発的な口調とは裏腹に、結構的確なアドバイスをしてくれる親切さんその2。
▼偉そうな態度だけど(以下略)
▼実は整形美人。


□台詞集

>>>[ハッハッ! 財布を出してみな。そうすりゃてめえの手の中からひったくってやるぜ。]<<<
>>>[なんなんだよ? ウソだと思うなら、ためせよ!]<<<

むきになる姿が妙に可愛らしい。どうした、構って欲しいのか?

>>>[ごちゃごちゃ、うるせえな! 人間となんか長話する気はもともとねえんだよ!]<<<
>>>[ガンならかどの先にあるヴィビアンのとこに行きな。非合法なのをさがしてるならこのあたりじゃ無理だぜ。]<<<

罵っておきながら、その舌の根も乾かぬうちに親切なアドバイス。
このゲームはツンデレが多すぎる。

>>>[もうさがす必要ねえぜ、俺の顔を見てくれたドクが通りのかどにいるからだよ。どうだいい顔だろ?]<<<
洗脳確定。
素顔のままの君に会いたかったよ。





客1(Customer)


▼エルフデッカーその1。
▼今日はオフらしい。
▼店が好きらしい。


□台詞集

>>>[客としてここにいるんだ仕事なら断るぜ! デッカーが必要なら、他のやつにあたってくれ!]<<<
>>>[大金を出すと言っても店から出るほど魅力はないんだ、わるいな。]<<<

この店の何が彼をここまで惹きつけるのだろうか……やっぱり「頑固親父」?

>>>[全ての情報がある。力がある。マトリックスを制すれば、世界を制することになるんだ。]<<<
まったくデッカー連中はいつも言うことが大げさだなぁとスルーしがちだが、さり気にこのゲームの重要なテーマだったりする。
心の片隅に留めておこう。





客2(Customer)


▼エルフデッカーその2。
▼今日はオフらしい。
▼エドが好きらしい。


□台詞集

>>>[顔色が悪いな。]<<<
>>>[ストリートドクに診てもらった方がいいな。だいぶひどい目に会ったようだしな。]<<<

さっきの酔っぱらい親父にも言われたが、そんなにヤバそうに見えるのだろうか?
これは早く医者を探さないと……と思ったら。

>>>[かどにいるエドなら大丈夫さ。マトリックス侵入に失敗した時やつはおれのデータジャックを修理したんだからな。]<<<
お、お前もか……。
データジャックちゃんと治ってるか? 変な後遺症は無いか?
ここまでくると、彼らの言っているエドとあのヤブ医者は別人ではないのかと疑ってしまう。





オリフィス様(Orifice)


▼トリガーハッピーなオークサムライ。
▼ジャンガダンス様と仲良さげ……って、なんかデジャヴな設定?
▼おそらく、いや、間違いなく彼はグリムリーパー・クラブに居たハミスト様の兄だろう。
▼そしてやっぱり趣味キャラ。
▼安さにこだわるしっかり者だが、きっと「安物買いの銭失い」なんて言葉は知らないんだろうなぁ。


□台詞集

>>>[あのな、銃は口ほどにものを言うんだよ! 用件はなんだ銃がどなるぞ!]<<<
>>>[気にいったぜガンのこと考えてたんだな。ならもっとましなのにしな! ヴィビアンで買えばおまえでもあつかえるのがあるはずだ。]<<<

見た目どころか性格までそっくりなトリガーハッピー兄弟。親の顔が見てみたい……いや、どうせ同じ顔だろうけど。

>>>[そうか強え体のやつをさがしてるんだな? だったらおれが守ってやるぜ、サイバーテックのやつらみてえにふっかけねえからよ。魔法を使うやつならジャンガダンスが安いぜ。たぶんグリムリーパーにいるんじゃねえか?]<<<
同じ店にいるのにナチュラルにシカトされてるダンス・ウィズ・クラムが悲しすぎますっ。
それはさて置き、ジャンガダンス様が言ってた「ダウンタウンのクラブにいる肉体派」ってオリフィス様のことだったのか……厚い友情に乾杯!

>>>[気に入った仕事だけだが、まずは500新円あるかだ。それで払うのかよ! それともてめえをバラすか! どうすんだ払えるか?]<<<
相変わらず良心的な料金設定だが、「オリフィス様になら幾ら貢いでも惜しくない!」という玄人以外にはお勧めできないのも相変わらず。

>>>[俺はただのオークだぜ。知ってることなんかなあんもねえんだ。]<<<
ええと、あのぅ……正直で何よりですね。





ダンス・ウィズ・クラム(Dances with Clams)


▼ぼったくり出稼ぎシャーマン。
▼もしくは強欲嘘つきシャーマン?
▼どちらにしろ2,000新円はふっかけ過ぎではないかと。
▼ところでクラムってハマグリのこと? だとしたらかなり笑える通り名だ。


□台詞集

>>>[ダンス・ウィズ・クラムは金の欲で働くのではない。民族援助基金の寄付を集めているのだ。とても重要である。おぬしも2,000新円を寄付してくれぬか?]<<<
>>>[よろしい行くがよい。わし程の力がある者を他で従わせられるのならば!]<<<

苦しい言い訳か、切実なお願いか――彼の言葉を信じるかどうかはプレイヤー次第。まあ何にせよ、無い袖は振れないわけだが。

>>>[鉄とガラスが影を落とすところ。さがすならそういう場所だ。]<<<
わかりそうでわからない、意味がありそうで意味が無い台詞。
でもなんか格好いいからOKさ。





ギャング・メンバー2(Gang member)


▼自意識過剰な女。
▼顔グラ使い回しまくりの弊害で、初対面って気が全くしません。


□台詞集

>>>[ごめんなさいね? あなたに会った覚えがないのよ。]<<<
そいつはすまん。何度か見た顔だったから勘違いしてたよ。

>>>[まだなにか用なの、しつこいと誰か呼ぶわよ。]<<<
>>>[もうあっちへ行って!]<<<

ついに変質者扱いされるジェイク。一体どこまで堕ちるのか。
まあ、グラサン&コート姿の顔色悪い糸井重里もどき男を警戒する気もわからないでも、いや、やっぱり納得いかん。





ギャング・メンバー3(Gang member)


▼忙しい女。
▼顔グラ使い回しまくりの弊害で(以下略)


□台詞集

>>>[声をかけてくれたのは本当に嬉しいんだけど行かなきゃならないの!]<<<
そいつはすまん。見知った顔だったもんでつい。特に用があったわけじゃないんだ。

>>>[もう本当に行かないと…。]<<<
ああ、呼び止めて悪かったよ……でも、そんな必死に逃げられると傷付くんですけど?





ヴィビアン(Vivyan)


▼ガンショップを経営するドワーフ。
▼かなり重度のトリガーハッピー。
▼謎の奇声を発しスラングを操り客を戸惑わせるという困った癖を持つ。


□台詞集

>>>[ガン、ガンだぜガン! ヤホーヒッハッハッ!]<<<
>>>[このガンか? いいガンよ! 一度しか使ってないしな。まあ、これを使ってたやつはもう見ないがね! ヤッホチィヒィハ。]<<<

何語ですか。

>>>[あぅぅぅ、おれのママ母みてえなことすんだな! やめだやめだ!]<<<
>>>[そんな事いいからねだんを考えようや…。]<<<
>>>[ほい金だよ!! 確かめんのさ。友達をだましゃせんのよ! ハァハァ!]<<<

買取で焦らされ、ちょっと情緒不安定になるヴィビアン。
金なんかいいから継母との間に一体どんな物語があったのか教えてくれ。





客3(Customer)


▼ヴィビアンの店で銃を選んでいる客。
▼教えたがりの自称凄腕ガンナー。


□台詞集

>>>[どれがいいかまよってるみたいね。]<<<
>>>[ピストルなんかよりもっと大きいのにしたら。]<<<
>>>[まよってないの?]<<<

こういう人ってよく居るよね。
武器くらい好きに選ばせろとか(どれが良いのかわかりません)、大きければいいってもんじゃないだろうとか(そんなの買う金ないです)、いろいろ言いたいことはあるがとりあえず一つだけ。
教えてくれるつもりがあるなら、もっと的確なアドバイスをお願いします。

>>>[すべて整ってるかしら。わたしはどんなアーマーも撃ち抜けるわよ。]<<<
そんなに強いなら力を貸してください、マジで。





ムーンリバー(Moonriver)


▼タリスマンショップを経営するネイティブアメリカン。
▼言うことは大きいものの、品揃えは貧弱というか詐欺というか。
▼たかが空のボトルやら杭やらに大金払わされるのは屈辱の極みだが、甘んじて受けるしかないのが辛いところ。


□台詞集

>>>[祈術道具、魔除、魔術装身具、そして取りそろった呪物。うちのを魔法に使うのならすべて保証がついとるんじゃ。むだに見えても損はせんぞ。]<<<
>>>[その魔法は特別な植物が必要なんじゃ。あいにくその植物はきらしてるがのお。]<<<
>>>[むかし置いてたと思うが。いまはもうないのお。]<<<

えーと、店にあるのは空のボトルが2つに杭が1本……肝心のタリスマンが一つも売ってないのはバグですか?

>>>[シャーマンってのはのお、魔力を強めるのに必要であればどんな物でもさがすのじゃ。うちにないのであれば、自分でさがしだすのが一番じゃろう!]<<<
そんなシステム修行法は初耳だがそれはさて置き、要するに全部自分で見つけろってことですか、そうですか。
……お手軽な商売してやがる。





エド(Ed)


▼シナリオ2の実質的なラスボス。
▼ひょっとしてこのイベントは医療ミス問題を風刺しているのだろうか……とか好意的に解釈してみるテスト。
▼いや、やっぱり無理だ。
▼やることなすこと気に障るキャラ。人の神経を逆撫でせずにはおれんタチなんだろうか。


□台詞集

>>>[調子はどうだい? よくきてくれたね、エドパッチフィックスへ!]<<<
>>>[さあ! さあ! ささいな事でもほっとくと危険だ! エドパッチフィックスにまかせてくれ。]<<<
>>>[すまない、別のこと考えてたよ。なんて言ったんだい?]<<<

軽いノリに注意力散漫な態度、そしてどこかで見たこの顔……激しく不吉なデジャヴが。

>>>[針がない、さびてないのが! へへ! 冗談だよ。]<<<
>>>[しまった!]<<<
>>>[うむむ…たぶん爆弾ですよ…。]<<<
>>>[う〜ん、作動してしまった…爆発すれば首ごとふっ飛ぶよ。すまなかった、金は返す…他のやつに診てもらってくれ。ぼくには無理なんだ。]<<<

ヤブ医者キター! ……ていうか、
このゲームの医者はヤブしかおらんのかい。

>>>[あんたを助けられるのはメイプルソープ博士だけだよ。彼にたのめば多額な金が必要になると思うな。持ってる金は自分の葬式にとっといたほうがいいよ。]<<<
いいぞ ベイべー!
ミスる奴はヤブ医者だ!!
ミスっても悪びれない奴はよく訓練されたヤブ医者だ!!
ホント ストリートドクは地獄だぜ! フゥハハハーハァー





⇒BACK